<a href=hitoshi ameya " border="0">

6年ぶりの個展  

e0151344_2334819.gif






今回、「ギャラリー創」での作品展は、実に6年ぶりの個展となります。

開催にあたり、自然とテーマとなったものは「いのち」です。

2004年に、原因不明の病気に2か月間入院しながら病院をたらい回しになったことがあります。
その時、「まだまだ死にたくない」と、はじめて「生と死」を真剣に考えました。

それは、カンボジア孤児院への支援の旅。野宿を繰り返す日本徒歩縦断の旅など、多くの旅につながり、今の「生と死」を表現する作品を作るようになりました。


そして、

去年4月、2009年に最愛の息子が生まれました。
今年3月、2010年に最愛の兄が亡くなりました。


昨年、息子の誕生に喜びつつも、彼のための生き方ではなく、「彼に見られてもいい生き方」をしたいと思いました。

同じように兄が亡くなった時、彼を死に追い込んだモノコトへの憎しみではなく「兄があり、今の自分があるという生き方」をしたいと思っています。


「生と死」が与えてくれたそれぞれの想いは、自分のどこかで重なるような気がします。


今、できる限りを、黒と白の絵の具に乗せて書き抜いた作品が十数点展示されます。

機会がありましたら、是非見ていただきたい個展です。



開催にあたり多くの先輩・友人・家族にささえられ、厚かましくもご案内させていただきます。
心より深く感謝いたします。






<会場>
GALLERY 創 sou
札幌市中央区南9条西6丁目1-36
TEL 011-562-7762

<期間>
2010.10.13(wed)~10.24(sun)

10:00~18:00(最終日17:00まで)
火曜休廊
[PR]
by hitoshiameya | 2010-10-01 02:35 | News
<< 個展出展作品 The world >>